お肌のケア方法について

紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、体の細胞を錆びつかせて老化を進ませる。それから、肌は防衛班王をして、メラノサイトという色素細胞でメラニン色素を作り始めているそうです。

通常、肌はターンオーバーという生まれ変わりの働きによって、古い細胞と新しい細胞が入り変わっていき、それとともにメラニン色素が体外へ排出される。

しかし、メラニン色素が多く作られすぎたり、ターンオーバーのリズムが乱れたりするそうです。

スムーズな排出が防げられ、これがシミの原因となってしまう。こういった部分をどううまく改善できるかで変わるわけなんですね。

[PR]
by watamiw | 2015-09-30 17:28